PAGE TOP

例会報告

2021.03.09

例会報告

虚空蔵山

開催回

第1881回

日程

令和2年10月25日(日) 晴れ

参加者

CL大村信幸

28人

活動内容

 

集 合  JR大阪駅 7:40Am (JR大阪駅 7:54発丹波路快速に乗車)
コース  JR藍本駅前 9:10~登山口~虚空蔵堂~立杭への分岐~丹波岩の岩場・虚空蔵山11:10~送電用鉄塔(昼食休憩11:35~12:12)~八王子山~
大谷山~山上山~油井14:20~草野駅(解散)

秋晴れの清々しい一日でした。
大阪駅発、丹波篠山口行き丹波路快速に乗車藍本駅下車、車内は上り下り座席はほぼ満席に近い状態で全員がマスクを着用していた。
藍本駅前広場でリーダーの変更を告げて(寺西⇒大村)朝礼、コースの概略説明、例会参加回数達成者表彰、7月の梅雨による豪雨災害の義援金募集等をお願いして出発した。虚空蔵山コースは10年以上前に施行した経緯があり久し振りだ、個人的に登った方は多いと思う。
道標が立つ登山口から自然林の石ころ小道、かっての参道で緩やかな登りで虚空蔵堂に到着一息入れる。ここから山頂・虚空蔵山までは急坂で低木の雑木林が続く、少し展望のある立杭の分岐間もなく岩場からなる虚空蔵山に着いた。山頂は四方八方の展望が有り本当に良い場所だ。山頂を後に北へ雑木林の小径が続く送電線鉄塔に着き適当な広場がない事もあり昼食休憩とする。
ここから先も雑木林の下りや登りの尾根道、三等三角点標石のある八王子山、大谷山、山上山と続く。山上山は資料によると奈良県大峰山の山上ガ岳のミニ版との謂れがあるそうだが似た雰囲気はなかった。ここからは急な下りのため本当に注意を要し慎重に下り油井の集落へ最終の草野駅で解散した。
好天気の下、丹波篠山の山並みを踏破しました皆様お疲れ様でした。
                           (記 大村)

 

Print Friendly, PDF & Email