PAGE TOP

例会報告

2021.11.28

例会報告

竹内街道・横大路 難波から飛鳥へ(第3回)柴籬神社~飛鳥戸神社

開催回

第1932回

日程

令和3年10月31日(日)

参加者

CL 淡路 弘  参加者17名

 

活動内容

コロナの影響により、例会も中止が余儀なくされ、やっと竹内街道の例会を開催することができ安堵しました。河内松原駅を出発して柴籬神宮(歯の神様として信仰されています)で道中の安全を祈願して朝礼を行い、本日のコースを説明して出発。途中、休憩をはさみ野中寺(中の太子)で休憩と見学をし、街道の行き先である今東池の脇を抜け、峰ヶ塚古墳・峰塚公園内で昼食としました。
昼食後は、北辻さんの地元であるので先導をお願いして、譽田八幡(日本最古の八幡宮)に向かい、境内も詳しく紹介して頂きました。引き続き北辻さんの案内で、応神天皇陵から上ノ太子駅に向かい石川を渡り、駒ヶ谷から近鉄電車沿いに歩き、上ノ太子駅に2時過ぎに着きました。
約16.2㎞を歩き、駅前で解散しました。

 注・譽田八幡宮は欽明天皇の頃、応神陵の前に創建されたと伝えられる八幡宮。拝観庫には源頼朝の寄進と伝えられる神輿をはじめ、数々の国宝・重要文化財がおさめられています。9月15日には神輿が応神天皇陵に渡御する(お渡り)の儀式が行われます。
                            淡路弘 記

Print Friendly, PDF & Email